ドッグフードは犬種別に使い分けた方が良いのか?

MENU

ドッグフードは犬種別に使い分けた方が良いのか?

今市場で販売されているドッグフードでかなりの数がありますよね。
低価格なものから、プレミアフードまで。
内容もアレルギー対策フードや、ダイエットフードといったお悩み別のドッグフードまであります。

 

 

今回は犬種別にドッグフードを使い分ける必要があるのかといった疑問に触れていきたいと思います。

 

 

犬種別のドッグフードってどうなんでしょうか

色んな犬種

 

最近各犬種別に「〇〇向け」なんてドッグフードがありますよね。
これってどういった違いがあって、何をもって〇〇向けと言っているんでしょうか。

 

 

犬種ごとになりやすい病気や症状があります。
そういった懸念される点を栄養素でカバーしよう!という発想のドッグフードです。

 

 

私たち飼い主からすれば、「〇〇向け」なんて書かれていたら、そりゃあ愛犬にとってベストフードと感じますよね。
人気の犬種程〇〇向けのドッグフードがあります。
マイナーなワンコだと、そもそも〇〇向けといったドッグフード自体ありませんから。

 

 

でも、私の個人的な考えを述べさせてもらうと、スルーでいいと思ってます。
何故なら、弱点を栄養素でカバーしてあげるのは悪い事ではありません。
ただ、それが原材料、素材から得ているのであればいいのですが、最後に添加した栄養素であれば吸収率も低下するでしょう。

 

 

ドッグフード本来の位置づけである「主食」というよりは、サプリメント的な位置づけに思えてきますけどね。
ですから、本来は栄養素の前に、良質な素材でつくられたドッグフードかという事の方が何倍も重要という事です。