犬におやつは必要なのか?

MENU

犬におやつは必要なのか?

犬のおやつ

 

犬のおやつ。つい買ってしまいますよね(笑)
「おやつ」って買う予定がなかった場合も、愛犬が喜ぶ顔を想像すると「しょうがないな」とにこやかに手にしてしまいます。
これって潜在的に愛犬にとっての楽しみが「ご飯」と「散歩」くらいしかないと考えているんだと思うんですよね。

 

 

ただ、小型犬なんかは特に注意が必要ですよね。
おやつの種類によっては、カロリーオーバーしてしまい、肥満の元になります。
それに、おやつもドッグフードと同様、良質なものもあれあ、粗悪なものもあるでしょう。

 

 

では、ずばり「犬におやつは必要なのか?」今回はこのテーマについて考えていきたいと思います。

 

 

犬のおやつが持つ最も大きな意味とは?

犬のしつけ

 

私の考える犬のおやつ。
それは「愛犬とのコミュニケーションツール」であるという事。

 

 

もちろん、食べる事な大好きなワンコにとって、おやつは楽しみでしかないでしょう。
ただし、我々飼い主と愛犬は家族であっても、共存するにはルールが必要です。

 

 

そうです、「犬のしつけ」が良い例です。

 

 

お座り!お手!おかわり!伏せ!待て!

 

 

これは愛犬が「言う事を聞いた後に良い事が待っている」を認識する事でマスターしますよね。
いざいう事を聞いてほしい時に、いう事をきいてくれるようにトレーニングするのが「犬のしつけ」かと思います。
この意思疎通をはかるのに最も適したのが「犬のおやつ」です。
ですから、人間でいう「贅沢」という感覚で見るのは少し違っている気がします。

 

 

犬のおやつはどのようなものが最適か?

犬に最適ンなおやつ

 

これはワンコのステージによっても違ってくるでしょう。
また、用途によっても異なります。

 

 

例えばボーンなんかは「しつけ」に向いてませんよね。
ただ、歯を鍛えてくれたり、歯の歯垢を取り除いてくれたりしますから、歯がボロボロの老犬ちゃん以外は常に有効です。
育ち盛りのワンコと下り坂に入ったワンコでは、おやつの内容、量を考えてあげないといけませんね。

 

 

ただし、噛まずに丸飲みしてしまうワンコちゃんがたまにいますね。
こういった場合は乾きもの、特に固くて鋭利な形状のものは危険です。
内臓を傷つけてしまう場合があります。
私も過去にかなり慌てた事があり、可哀そうですが逆さにして吐き出させて何とかその場を凌ぐ事が出来ました。

 

 

出来るだけ素材そのままのものが好ましいですね。
ただ、しつけ用には一口サイズのものが適しています。
ある程度の回数与える事を考えると、自ずとそうなります。

ボールなんかは手ごろで扱いやすいですね。